1日に食べる炭水化物の量を減らすことによるダイエット方法について

体重計に乗ったときに体重が3kgほど一気に増えていて、そういえばお腹もポヨンとして鏡で自分の体を見てみっともないなあと思い始めたときに追い打ちをかけるように娘から「太った?」と聞かれてしまいこれは体重を増やさないとまずいと思ったので。
私が実践したダイエットは、まず1日に食べる炭水化物の量を計り始めました。だいたいの量が把握できたところでそれを少しずつ量を減らしたり野菜に置き換えました。小腹が空いたら、とにかくお豆腐を冷やっこや湯豆腐にして食べました。
私が糖質減らしダイエットを実践してどうだったかと言うと、初めは我慢ができずにお腹すいたを連呼して、冷蔵庫を開ける日々が続きましたが、1週間ほどで徐々に生活に慣れてきてお腹も満腹感が出てきました。
豆腐が意外と腹持ちが良くてちょっといい豆腐など探したりして楽しめるようになり3ヶ月で元の体重に戻りました。
糖質減らしダイエットは、今までと同じものを食べたい人におすすめです。実は結構いい加減な目分量な時期もありましたが、だいたいこれくらい減らせば大丈夫って覚えてしまえば計算なども必要なくのんびり何となくできるのでずぼらでも結構楽しく続けられます。
気合を入れ過ぎないことが重要だと思います。痩せたい気持ちで猪突猛進でいくと体を壊したり、無理がしんどくなってやめてしまったりと続けられないことが多くなるので、ゆるゆるぼちぼち何となくを心がけて急ぎ過ぎないことが大事だと思います。

1日に食べる炭水化物の量を減らすことによるダイエット方法について
Scroll to top