身長をもっと伸ばしたい

日本人の多くは、160-170cm程度しかないと言われています。これは、遺伝的に考えると仕方がないことかもしれませんね。でも、だからと言って諦める必要はないんです。子供のときからしっかり対策をとることで、背が高くなれる可能性は十分にありますからね。実際に、私の知り合いの中にも小学生の時点ですでに175センチあった人がいました。彼は中学に入ってからグンと背が伸び始めて、高校に入るころには185センチにまで到達していました。
つまり、幼少期からの努力次第でいくらでも身長を伸ばすことができるということなんです。実際、私の息子もかなり早く身長が伸びたのですが、彼も同じように小さい頃から様々な工夫をしてきました。その結果、今はなんと187センチもあるんですよ! そう考えると、やはり遺伝よりも本人の意思や努力の方が大事なのではないかと思えてきますよね。ただ、まだ身長があまり高くない人の場合はそうではありません。いくら両親ともに高身長だったとしても、その子供が必ずしも高い身長を得られるとは限らないからです。むしろ、低いままというケースもあるでしょう。したがって、少しでも可能性を高めるためには、親御さんが子供の頃から正しい知識を身につけておくことが大事になってきます。そして、もしお子さんがまだ小さいのであれば、なるべく早いうちに適切な処置を行ってあげてください。もし子供のうちから適切な治療を受けていれば、将来的なリスクを軽減できるかもしれませんからね。
背が高い人は身長が低い人の気持ちがわからない? どうすれば背が高くなるのか? そもそもなぜ背が高くなる必要があるのか? 今回はこれらの疑問について解説していきたいと思います。まずはじめに、背の高い人は背の低い人の気持ちが分からないんじゃないか? というご質問についてお答えしたいと思います。結論から言ってしまえば、そんなことはありません。確かに、背の高い方は低身長の方と比較すると身長に関する悩みを持っている方が多いとは思います。しかし、それは単に自分の背の高さに対してコンプレックスを抱いているだけです。つまり、他の方の話を聞いても分かる通り、決して背が低くても悩みがないわけではないんです。それに、背の低い方にだって背の高い人に言えないような悩みを抱えていることもあるわけですよね。例えば、自分の背の低さのせいでなかなかいい相手を見つけられないとか。あるいは、好きな相手に告白できないなんていうケースもあり得ます。
また、背が小さいために学校でいじめられるかもしれないという心配をしている人もいるそうです。もちろん、これらはあくまでも一例ですが、いずれにしても自分よりも高い位置にいる人間だからこそ理解できない悩みがあることは確かです。ですから、背の高い方が低身長の気持ちを完璧に理解するということはほぼ不可能に近いと言えるでしょうね。それでは次に、どうすれば背が高くなれるのか? ということについてお話しします。これについては人によって様々だと思いますが、基本的には遺伝と生活習慣が大きく関係しているのではないかと思います。遺伝に関しては、両親のどちらか一方が長身である場合、もう一方も必然的に高身長になることが多いようです。ですので、両親が共に高身長であれば、比較的簡単に身長を伸ばすことができますね。

ドクターセノビル(Dr.senobiru)の口コミ・評判

身長をもっと伸ばしたい
Scroll to top