象山神社(ぞうざんじんじゃ)って知っていますか?

長野市にある象山神社は、松代藩主で幕末の思想家である佐久間象山を祀っています。
佐久間象山をご存知の方は少ないかもしれませんが、東洋だけでなく西洋の文化にも精通し、様々な分野で輝かしい業績を残し、長野県民から深く愛された人物です。
この神社は、佐久間象山の非業の死から50年後の1938年に創建の計画が始まったと言われています。
金運、財運、商売繁盛、交通安全、家内安全のご利益があることで有名で、かなり万能な神社である。
参拝後、「宝くじが当たった!」「商売繁盛した!」という人も多い。商売繁盛 参拝後、「宝くじが当たった」「商売が繁盛した」という声が多く、多くの参拝客で賑わう神社です。
長野新幹線長野駅から車で約30分なので、駅からバスに乗るか、車で来るのが便利です。

象山神社(ぞうざんじんじゃ)って知っていますか?
Scroll to top