社労士の直前期対策!この時期を制するものが社労士試験を制する!

「本当に試験に合格できるのか?」
「どんな直前対策をすればいいんだろう?」
社会保険労務士試験直前期、このような不安を感じている方も多いのではないでしょうか。
今回は、社会保険労務士試験でおすすめの直前対策勉強法をご紹介します。
また、直前期にやってはいけないことも紹介しますので、直前期の過ごし方にお悩みの方はぜひご一読ください。
多くの受験生は5~6月頃に勉強を終え、「直前期」の準備に取り掛かります。
社会保険労務士試験の合否は、「直前期」をどう過ごしたかによって決まります。
勉強計画を立てず、「直前期」を意識していないと、試験までに勉強を終えることができず、合格できない可能性があります。
着実に勉強するためには、「直前期」対策を理解し、勉強計画を立てることが必要です。
社会保険労務士試験の「直前期」対策で最も重要なのは「法改正」です。
社会保険労務士試験では、毎年、法改正に対応した問題が出題されます。
法改正の範囲は試験年度の4月まで分からないので、5月頃から法改正の対策を始めることをおすすめします。
試験直前に法改正の準備をすることで、最新の情報を入手することができます。
法改正を検討する際には、あまり細かいことにこだわらず、「基本」を重視することが大切です。
社労士試験に合格するためには、過去問対策が欠かせません。
最近は「過去問は意味がない」という声もありますが、それでも過去問はCSL試験勉強の中心的な存在です。
過去問は、出題傾向の把握や焼き直し問題のチェックに非常に有効です。
10年分の過去問をすべて暗記できるように、過去問を徹底的に解く必要があります。
過去問を解く際には、本文のどこで間違えたかを確認し、なぜそのような間違いをしたのかを意識することが大切です。
また、過去問を解く際には「時間配分」にも気を配る必要があります。
試験と同時に過去問を解くことで、実際にどれくらいの時間が必要なのかを把握することができます。
そうすれば、時間に追われることなく、試験当日に落ち着いて問題を解くことができます。
社労士試験頑張ってください。
下のサイトでは、現役社労士がおすすめする社労士通信講座を徹底比較したページを作っています。
現役社労士だからこその目線で評価されているので、是非一度チェックしてみてください。
社労士推薦!おすすめの社労士通信講座比較

社労士の直前期対策!この時期を制するものが社労士試験を制する!
Scroll to top