期間工で寮重視の方はコレをチェック!失敗しないおすすめの期間工選び!

「どんな期間工メーカーがおすすめですか」
と聞かれると、ほとんどの人が給料が高く、手当のあるメーカーを挙げるでしょう。
しかし、稼げば稼ぐほど仕事は辛くなるため、「おすすめと言われたから」と入社しても、すぐに辞めてしまう可能性があります。
そこで今回は、「しっかり稼ぎたい」「良い寮に入りたい」「自宅から通いたい」「体力に自信がない」という方にオススメの期間工をご紹介します。
しかし、仕事がハードなため、すぐに辞めてしまう人も多い。
一定期間働いて、しっかり稼ぎたい方。
限られた期間だけ働いて、お金を貯めたい人。
この2つの考え方は一見似ていますが、「しっかり稼ぎたい人」と「お金を貯めたい人」では、選択肢が異なります。
「お金を貯めたい人」「生活費を抑えたい人」には、寮や職場環境を重視した「建設期間工」という選択肢をおすすめします。
建設期間工の中でも、日野、ダイハツ、スバルは特に寮や職場環境が充実しています。それぞれのおすすめポイントや給料、満了金について解説していきます。
日野自動車は完全無料の個室寮と最強の社員食堂があるメーカーです。寮費・光熱費は会社負担で1円もかかりません。生活費は食費、携帯電話使用料、日用品数点に限られます。
社員食堂を利用すれば、食費を大幅に節約することができます。日野自動車の社員食堂は、平日1日3食、1食162円という安さです。量も十分なので、仕事中にお腹が空くことはありません。本気で節約しようと思えば、月2万円以下で生活することも可能です。
ダイハツは工場や寮の設備が充実している会社です。寮には大浴場とシャワーブースがあり、お風呂に入らずともサッと汗を流したい日に便利です。
オフィスにもシャワーブースがあるところもあるので、寮には入りたくないという方にもおすすめです。
通勤や休日の外出のしやすさを重視する方には、群馬県に3つの工場を持つスバルがおすすめです。
工場は選べませんが、太田駅を中心に工場が集まっているので、遠くの工場に配属される心配はないでしょう。東京まで電車で80分なので、休みの日に出かけるのも楽しそうですね。
このように、寮に特徴がある期間工。
詳しくは下のページで紹介していますのでぜひ、一度ご覧ください。
きれいな寮の期間工はココ

期間工で寮重視の方はコレをチェック!失敗しないおすすめの期間工選び!
Scroll to top