文章は毎日書いてないとダメ

筆者は文章を生業にしている。
小説家に近い活動形態となるが、常々「文章は毎日書くべきだ」と実感する。
というのも、このごろプライベートが忙しく、文章に触れない日が続いてしまった。
するとどうだろう、久方ぶりに書いた自分の文に違和感を覚えたのだ。
なにがとは言えないが、語彙力がなくなったような、テンポが悪くなったような。
数年ぶりにした運動に感じる気持ち悪さに似ている感覚だ。
筋肉と同じで、作文も継続が大切。
使わずにいるとセンスがどんどん廃れていくのだ。
仕事じゃなくても、私はなにかしらの文章に毎日触れていこう。
そう思えた出来事だった。
まずはこのブログをリハビリ代わりに記しておく。

文章は毎日書いてないとダメ
Scroll to top