介護疲れと上手に付き合うには、まず自覚することが大切です。

多くの家族介護者はすでに疲れ切っているのに、「私は大丈夫」「まだ助けを求める必要はない」と思いがちです。また、責任感が強く、「こんなこともできないのか」と自分を責めてしまう人も少なくありません。
家事や仕事をしながら高齢者の介護をすれば、誰でも疲れるだろう。介護で疲れるのは、介護が下手だからでも、愛情が足りないからでもないのです。まずは自分が疲れていることを自覚することが大切です。
介護疲れを予防するためには、まず疲れのサインに気づくことが大切です。注意力の低下は、疲労のサインです。
食器洗い中に頻繁に食器を落とす
鍵を失くしてしまう
車の駐車が下手
小銭を出すのが面倒で、お札でしか支払わない
物忘れが多くなる。受診日にミスをする
まだまだ元気だと思っていても、こうした日常の小さなミスが続くようなら、すでに疲れているサインです。

介護疲れと上手に付き合うには、まず自覚することが大切です。
Scroll to top