ワイヤー矯正の強い矯正力とインビザラインの快適さを両立させる

インビザライン矯正は、世界中の様々な矯正症例でその有効性が実証されています。
従来のワイヤー矯正に比べ、まさに新しい矯正方法と言えるでしょう。
そのため、古い情報をもとに「インビザラインは矯正治療中も快適」と勘違いされる方がいらっしゃいますが、そのようなケースは限られています。
しかし、インビザラインの矯正技術は日々進歩しており、数年前と比べると矯正の症例数は大幅に増えています。
従来のワイヤー矯正とインビザライン矯正では、矯正症例数にほとんど差はありません。
また、ワイヤー矯正とインビザライン矯正の両方が採用されることが多くなっています。
ワイヤー矯正の強い矯正力とインビザラインの快適さを両立させることが可能です。
インビザラインとワイヤー矯正の効果に違いはあるのでしょうか?
インビザラインとワイヤー矯正では、歯の移動にかける圧力が異なるため、矯正効果の実感が若干異なります。
ワイヤー矯正は、ワイヤーの力で歯を動かす矯正方法です。
そのため、どの歯をどのように動かしているのか、患者さんにも実感してもらいやすくなっています。
インビザラインは、ワイヤー矯正よりも緩やかな力で、一歩一歩歯を動かしていきます。
歯を少しずつ動かしていくので、ワイヤー矯正に比べて矯正治療の初期には影響を感じにくいこともあります。
一方、インビザライン矯正の利点は、自分でブラケットを交換することができるので、入院していないときでも、毎日歯に適切な圧力をかけ続けることができる点です。
インビザラインとワイヤー矯正の違いや併用できる場合についてわかりやすく解説しています。
矯正治療中に、インビザライン矯正の利点を発見することができます。

ワイヤー矯正の強い矯正力とインビザラインの快適さを両立させる
Scroll to top