パーカッションで一番大変なこと

パーカッション 一番大変なことは何ですか?
この章の冒頭で述べたように、ドラムは手足を折って演奏する。
しかし、ピアノやギターのような音階はない。また、音楽で必ず必要なメロディーやコードも弾けません。
ドラムはリズムを刻むことしかできないので、楽器としては不十分なのです。
ドラムの良さは何ですか?
太鼓は手や足を自由に動かしてリズムを作る楽器です。両手両足で作業するのは難しいと思われるかもしれませんが、自然なことですし、意図的に体を動かすことで脳がよく刺激されます。
また、指先などの細かい動きを伴うので、より効果的な脳トレになりますよ
ピアノは何歳まで弾けるの?
ピアノ学習は楽器に親しむことから始まるので、何歳からでも始めることができます。特に、子どもの脳が急速に発達する3歳頃にピアノなどの音楽を聴くことは、非常に良い刺激になると言われています。
子供用楽器 何歳から?
5歳から9歳の間に始めるとよいでしょう。
南カリフォルニア大学ソーントン音楽院のロバート・A・キャティエット教授によると、子どもの脳の発達にもよるが、生まれたらすぐに歌や音を奏で、音楽に触れさせることが望ましく、5歳、ひどい場合は6歳から9歳で楽器のレッスンに通い始めることが推奨されているそうだ。
楽器は5歳ごろから習い始めることができ、本格的なレッスンを始めるには6歳から9歳が最も適していると言われています。

パーカッションで一番大変なこと
Scroll to top