インビザラインライト失敗例

インビザライン矯正治療は、治療期間開始時に予測することができます。しかし、以下のような理由で計画期間内に矯正治療が完了しない場合があります。

インビザラインライトとフルの違いを分かりやすく説明した関西の歯医者さんの記事でした。

失敗例2:歯並びが悪い インビザライン矯正治療は、治療期間開始時に予測することができます。しかし、以下のような理由で計画期間内に矯正治療が終了しない場合があります。過剰な歯の削り方インビザライン矯正では、矯正治療に必要なスペースを作るために歯を削ることがあります。歯を削りすぎると、歯を移動させる距離が長くなるため、余計に治療期間が長くなってしまいます。マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正では、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピースの装着時間を守らなかった場合、予定通りに歯が動かず、治療が長期化する可能性があります。また、虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見された場合、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあります。アディン
インビザライン矯正治療は、治療期間の開始時に予測することができます。しかし、以下のような理由で計画期間内に矯正治療が終了しない場合があります。
失敗例3:矯正治療が成功しない インビザライン矯正治療は、歯並びが良く、治療にかかる時間が予測期間内であれば成功すると予測されるものです。歯並びや治療にかかる時間がうまくいかないと、治療が成功しないため、治療が不成功に終わることがあります。マウスピースの装着時間を守らなかったインビザライン矯正では、マウスピースは1日20時間装着することになっています。マウスピースの装着時間を守らなかった場合、予定通りに歯が動かず、治療が長期化する可能性があります。また、虫歯や歯周病などの口腔内トラブルが発見された場合、歯の形が変わってしまい、マウスピースが合わなくなることがあります。アディン
インビザライン矯正治療は、歯並びが良く、治療にかかる時間が予測期間内であれば、成功すると予測されます。歯並びや治療にかかる時間がうまくいかないと、治療がうまくいかず不成功に終わることがあります

インビザラインライト失敗例
Scroll to top