アールヌーボーの特徴

アールヌーボーの特徴とは?
アール・ヌーヴォーとは、フランス語で「新しい芸術」という意味である。植物などの有機的なモチーフをベースにしたエレガントな装飾と、曲線を多用したスタイルが特徴です。19世紀後半から20世紀初頭にかけてヨーロッパで広まったが、遠く離れた日本の美術に影響を受けている。
アールヌーボー – 衰退 なぜ?
しかし、アールヌーボーは第一次世界大戦後、衰退していく。その理由は、戦争による社会の変化であった。過剰な装飾と高価なアールヌーボー様式は、退廃的な芸術とみなされた。人々は、時代に合った新しい芸術であるアール・デコに切り替えていったのです。
アール・ヌーヴォーのキーパーソンは誰?
エミール・ガレはアール・ヌーヴォーの中心的な巨匠である。植物学者であり、工芸家でもあったガレは、植物や昆虫を作品に取り込んでいった。ガラス製品、陶磁器、家具などを数多く制作し、特に精巧なガラスの花瓶やシャンデリアは日本でも人気がある。また、ガレは浮世絵などの日本美術の影響を受けていることでも知られている。
アールヌーボーとアールデコの違いは何ですか?
曲線や装飾を多用するアール・ヌーヴォーとは異なり、アール・デコのデザインは直線的で写実的なものが多い。主な特徴は、飾り気のないシンプルなデザイン、直線や図形で構成された幾何学模様、コントラストの効いた原色などです。アールデコの代表的な建築作品はあるものの、絵画で有名なアーティストが少ないため、ややマニアックなエリアとなっています。
アール・ヌーヴォーの出現はどのような状況だったのでしょうか。
19世紀後半から20世紀初頭にかけて、特に都市化・工業化の進んだフランスやベルギーで広まった国際的な芸術運動・様式。フランス語で「新しい芸術」を意味する「アール・ヌーヴォー」は、日本の美術商ジークフリート・ビングが1895年にパリに開いた装飾画廊の名前に由来している。
アールヌーボーの世界遺産とは?
世界遺産シリーズ アール・ヌーヴォー館100選 ベルギーの建築家ヴィクトール・オルタ(Victor Horta)が設計した本館群は、2000年に世界遺産に登録された。タッセルハウスと、1893年にオルタが設計した世界初のアールヌーボー様式の家々からなる複合施設です。

アールヌーボーの特徴
Scroll to top